ドライフラワー事始め

今年は少しづつ、市場通いをしようかなと思っています。去年まで花材は乾燥しているものを仕入れるのがほとんどでいた。もともと生花を扱っていたので、お花も品種は知っているものも多いのですが、ドライにするとなるとまた全然違うのです。乾燥してもほとんど変わらない花もありますが、(ミモザとかユーカリ、アナベルなど。)バラなどは生花の時は真っ白なのに干すと縁がオレンジっぽくなるもの。淡いピンクなのに干したら濃いピンクになるもの。交配していく過程で入っている品種の特徴が、干した時に出てくるものがあるようです。そんなことを知って面白くなってきたので、少しづつ色々干してみようかな、と思っています。

今年最初の市場ではバラを何種か仕入れてみました。この香りには弱いんだな、つい買ってしまったイブ・ピアッツェ。若くてまだまだ生意気ばかり言ってた頃、すてきな仲間たちと働いていたいい時間を思い出す花です。久しぶりの強い香りに癒されて2本だけ生花のまま飾り、後は干しています。思ったより縮み方が強くて、ちょっとどうかなーという感じです。同じ花でも育った環境や時期によって干し上がりは変わるようです。奥が深いですね。

剣咲タイプのバラの方が大きくてキレイに干し上がっている感じ。やってみないとわからないものです。お勉強も兼ねて今年は楽しみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です