BLOG

バラ

先日乾かしていたバラがキレイに乾きました。

みんなで順番に風邪をひいたりして、なかなか作品が作れずにいましたが、今日はバラのリースができました!

もともと何かを作るのが好きなので、こうやって一つ一つ形になるのはうれしいです。

春らしい明るい色味のリースです。

今日はお散歩していたらもう春の小さな芽があちこちに顔を覗かせていました。もうすぐ春が来るんだなぁ。寒いのもあと少しですね。

ドライフラワー事始め

今年は少しづつ、市場通いをしようかなと思っています。去年まで花材は乾燥しているものを仕入れるのがほとんどでいた。もともと生花を扱っていたので、お花も品種は知っているものも多いのですが、ドライにするとなるとまた全然違うのです。乾燥してもほとんど変わらない花もありますが、(ミモザとかユーカリ、アナベルなど。)バラなどは生花の時は真っ白なのに干すと縁がオレンジっぽくなるもの。淡いピンクなのに干したら濃いピンクになるもの。交配していく過程で入っている品種の特徴が、干した時に出てくるものがあるようです。そんなことを知って面白くなってきたので、少しづつ色々干してみようかな、と思っています。

今年最初の市場ではバラを何種か仕入れてみました。この香りには弱いんだな、つい買ってしまったイブ・ピアッツェ。若くてまだまだ生意気ばかり言ってた頃、すてきな仲間たちと働いていたいい時間を思い出す花です。久しぶりの強い香りに癒されて2本だけ生花のまま飾り、後は干しています。思ったより縮み方が強くて、ちょっとどうかなーという感じです。同じ花でも育った環境や時期によって干し上がりは変わるようです。奥が深いですね。

剣咲タイプのバラの方が大きくてキレイに干し上がっている感じ。やってみないとわからないものです。お勉強も兼ねて今年は楽しみます!

冬の花

冬本番ですね。北杜市も毎日寒い日が続いています。今年はまだまだ雪が少ないです。

こんな寒い 季節はゆっくりストーブを焚きながら制作するのも楽しいです。1月はオフシーズン。のんびりと今年一年の地図を描く日々です。どんな方向へ行こうかな。行くのかな。小さな種をまく日々。どの種が大きくなるのか楽しみに思えています。

冬になるとキレイに見える花、いくつかあるけれどデュモサもその一つ。白くて小さな花が冬の雪のようでキレイです。生花を扱っていた時には気づかなかった良さがあるのです。夏に見るとこんな風に魅力的には見えないのが不思議ですが、やはりドライフラワーとはいえ、季節感はとても大切なのです。

今年一年も無事に過ごせますように。北杜市に拠点を移してからちょうど1年。去年の冬を思いながら、しみじみする今日でした。